本文へ移動

職員日誌

ブログを見たい施設を下から選んでください(施設毎に記事を更新しています)

法人(法人イベント・他)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

東京の介護ってすばらしい!グランプリ2019 ランチ部門にて最優秀賞に選ばれました

2020-01-27

東京の介護って素晴らしいグランプリ2019ランチ部門で最優秀賞に選ばれました!

昨年は入賞に止まりましたが、その悔しさをバネにし、食事サービス課一同が地道に一年間努力して取り組んできた結果ではないかと思います。

本当におめでとうございます。

 

寒い冬のランチをテーマに、弘寿園の誕生会で提供をさせて頂き、とても利用者からの満足度が高く、今回のグランプリでも高評価を得ることが出来ました。

温かさを表現するために丸いフォルムをたくさん取り入れ、それを見た利用者が更に笑顔となるように全体の雰囲気においても工夫をしました。

 

グランプリ当日までに4回ほど調理の練習を行い、チームワークを含めた様々なシュミレーションを行って本番に臨めたことが、良い結果に繋がったのではないのかと思います。

 

来年以降も連覇を目指して、引き続き頑張っていきたいと思います。

令和元年クリスマスイルミネーション

2019-12-23

今年もまた東京弘済園の正面入口にイルミネーションを設置しております。

12月25日(水)の19時30分まで、どなたでも本館正面玄関及び中庭のイルミネーションをご覧いただけます。

毎回創意工夫をしながら、皆様に楽しんで頂けたらと思い設置に励んでおります。小さいお子様とご一緒にご覧になる姿も多く見られ、微笑ましい様子です。令和元年のクリスマスイルミネーション、皆様のお越しをお待ち申し上げております!


 

三鷹市東部地域包括支援センターに感謝状!!

2019-12-23
地域包括支援センターでは、地域の方にお声を掛け、地域の課題などをテーマに「地域支援連絡会」を開催しております。
9月11日は「あなたはいつ、運転免許を返納しますか?」というテーマでした。高齢者の運転による事故も多い中、50名を超える方々にご参加頂きました。三鷹警察署、三鷹市役所、のぞみメモリークリニックから、専門的な内容のお話をして頂きました。その後各グループに分かれて意見交換をしました。このテーマを選んだきっかけは90歳代の男性とのやりとりでした。家族からの再三の返納の説得にも応じることなく、車のない生活は不便になるから運転を続けているとのことでした。そこでどんな地域の支援があれば「車のない生活」が送れるのか、皆様と意見交換をしました。結果はお写真のように、様々なご意見を頂きました。そして、その取組みについて、三鷹警察署から感謝状を頂きました。これからも日々地域の方々のために、職員一同、精進していく所存です。
 

東京弘済園まつり

2019-11-25
東京弘済園まつりを開催しました!
心配だった天候も何とか持ち、多くのお客様にご来場頂きました。
 
来賓の三鷹市長のご挨拶から始まり、明星学園和太鼓部による迫力のあるオープニングを行い、午後は世界一大きな布絵本を上映しました。
 
その他にも、各種模擬店をはじめ、バルーンアート、ゲームコーナー、革細工、福祉セミナーなど多くのイベントを行い、大変盛況となりました。
 
また弘済園まつりは、多くのボランティアの方々のご協力なくしては、成り立たないものです。
 
今回、ご協力頂いたボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 

敬老祝賀式典

2019-09-26
9月11日(水)弘済ケアセンターホールにて、各施設の利用者様をご招待し敬老祝賀式典を開催しました。
長年社会のために働いてきた利用者様を敬い長寿をお祝いする式典です。
喜寿(77歳)の方4名、米寿(88歳)の方14名、白寿の方3名、100歳以上の方6名の利用者様のお名前が読み上げられました。三鷹市から三鷹市長のお祝いのお言葉も頂きました。
第二部ではおひさま保育園4歳・5歳児によるダンスと握手のプレゼントです。
利用者様全員で「わっしょい!わっしょい!」と声を出し、賑やかな時間を過ごしました。
職員一同、利用者様を敬い感謝の気持ちを込めて、
『おめでとうございます』
これからも、心のこもった質の高いサービス提供に努めたいと思います。
 

 

 

 

 

特別養護老人ホーム 弘済園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歌の力

2018-07-16

7月、4階のグループ活動では「歌レク」を開催しました。

今回は、高齢者用紙芝居をメインに進めていきました。

紙芝居は『みいちゃんのかぞえうた』というもので、利用者の方が幼い頃聞いたことがある「かぞえうた」がたくさん出てきます。

例えば「一番はじめは一の宮~」「あんたがたどこさ」「ずいずいずっころばし」などです。ふだん大きな声でお話されない方も「あ、この歌知っている。なつかしいわ~」と興奮され、歌っていらっしゃいました。この紙芝居は、三鷹市の図書館からお借りしたのですが、他にもたくさんの高齢者用紙芝居が貸出されています。

「歌レク」の最後は、皆さんがお好きな懐メロ「リンゴの唄」や「東京ラプソディー」で閉会しましたが、とても盛り上がりました。歌レクの時は、普段あまり話されない利用者の方が大きな声で歌ってくださり、笑顔も多く見られます。

歌うという動作で健康状態が良くなったり、脳が活性化したりする効果があると言われています。またストレス発散と血圧を安定させる働きもあるそうです。実際に「歌レク」をしていると、そんな歌の力』を感じる時があります。これからも、出来るだけ「歌レク」の機会を作っていきたいと思います。
 

3階喫茶店外出

2018-06-19
梅雨に入り、冷たい雨が降り続く今日この頃ですが、その中でも久しぶりに外出活動を楽しんで頂こうと、車を使って弘済園近くの喫茶店『青葉珈琲店』へと出かけてきました。
出かけたメンバーは、利用者6名と職員4名の少人数でしたが、園で普段はなかなか食べない・飲まない喫茶店のメニューをご自分で選び、おしゃべりを楽しみながら召し上がりました。注文されたどのメニューも美味しかったので、皆さんあっという間に完食でした。園に戻られた後も「ケーキ食べたの。すごく良かったわよ。」と話される方もおり、今回行かなかった利用者の方々と、行けなかった職員から羨ましがられていました。
園内で召し上がれる喫茶室「りんどう」も良いですが、たまには普段と違った景色を見ながら、喫茶を楽しむのも素敵ですね。

 

お花見ドライブ

2018-05-08

桜が満開の時期、園内ではお花見の利用者さんがあちらこちらでお散歩をしています。

桜の見頃はほんの一瞬。「園内に咲く桜もいいけど、外出して見事な桜並木を利用者さん達に見て頂きたい。」そんな職員の一言を受け止めた施設長が「お花見ドライブ」実施を決め、

利用者の皆さんに喜んでいただく為、急遽段取りを整えて敢行しました。

満開時期の2日間、午前、午後に分けて、利用者さんを少しずつリフト車にお乗せして出掛けました。三鷹通りの桜並木のトンネルをくぐり武蔵野方面へ、三鷹の桜の名所をピックアップしてまわり、弘済園に戻ってきました。なかなか外出できない利用者さんは、住み慣れた地域を懐かしみ、満開の桜を見物して、とても楽しんでくださったご様子でした。

 

地域に密着したレクリエーション

2018-03-19
弘済園は、日々、地域の方々に支えられて介護の仕事をさせていただいているなと感じます。
今回はレクリエーションについてご紹介します。
毎月一回、利用者さんのご家族や地域のボランティアの方による歌のレクリエーションが行われています。『コスモス歌の会』と言って小さいお子さんからご年配の方までたくさんの方が参加され、楽器を弾いたり唄を歌ったりしてくださいます。歌は利用者さんにもなじみの深い季節の童謡が多く、手遊びを取り入れながら利用者さんに体を動かして頂きます。小さいお子さんも大きな声で歌ってくれるので微笑ましく、利用者さんの顔もとてもにこやかになります。ご家族のお孫さん、曾孫さん、そのお友達が参加され世代を超えた交流です。
毎週火曜日にオープンする喫茶りんどうもボランティアさんのおかげで開催できています。手芸クラブや茶道クラブにもボランティアさんが関わって下さっています。
また、定期的に行われる杏林大学吹奏楽、桐朋学園芸術短期大学卒業生主催の『るぽんの会』による演奏会、朗読の会『こまどり』、毎年恒例となったハーモニカの会三味線の会フラダンスの会、タヲ太鼓、お囃子の会も、全て地域のボランティアさんのおかげで開催することができているのです。
その交流は、利用者さんにもとても良い刺激になっていると思います。

節分

2018-03-09

時間が経つのが早く感じます。もう3月になってしまいました。 

1ヶ月程前のことになりますが、節分の話です。

皆様、ご存じでしょうか?実は節分とは、「季節の始まりの日の前日」のことだそうで、

年に4回あるのだそうです(立春・立夏・立秋・立冬の前日)。江戸時代以降は、旧暦の年の始まりにあたる立春の前日を「節分」とすることが多くなったようです。

弘済園でも、毎年願いを込めて豆まきをしています。そんな節分の日の記念撮影です。

豆まきの際には、逃げまわっていた鬼達でしたが

「はい、ポーズ」

  

 

・・・強そうですね (^^) 

 

まだまだ、インフルエンザが流行っているようです。豆まき効果で、無事このまま乗り切れるよう、頑張っていきたいと思います。

養護老人ホーム 弘寿園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

3月の弘寿園②

2014-04-01

≪写真左≫

 普段食べなれないピザに「これは美味しい!」と好評。実は味が濃くって脂っこいものは意外に受けるようです。受けるといえばミット。ミットといえばミート。お肉です。

 

≪写真右≫

 食べてばかりではあんまりなので、ひな祭りにはかわいい折り紙のお雛様を折ってお部屋に飾りました。本格的な春の訪れを待っています。

3月の弘寿園①

2014-04-01

≪写真左≫

 大雪もひと段落し、溶けてなくなってしまった3月のはじめに「裏庭に「フキノトウ」が出ているよ」との知らせで、弘寿園の裏庭を見てみるとかわいいフキノトウが地面からひょっこり。春の訪れは突然やってきました。

 

≪写真右≫

 フキノトウといえばてんぷらなどで非常に美味。美味といえば3月の弘寿園は食のイベントが目白押しです。まずはピザパーティ。

 

2月の弘寿園

2014-02-27
≪写真左≫
 寒くなると中庭のアロエの花が咲きます。このアロエは鉢植えから増え、とても大きな株になりました。皆さん生薬やおやつとしてなんでも利用している、食べ過ぎが心配なちょっと頼りすぎになるくらい頼もしいやつです。そんなアロエはユリ科アロエ属の植物です。暖かいアフリカの原産ですが、雪の中に小さいユリのような花がたくさん集まって咲いていると、アンバランスな感じが何とも不思議な光景です。
 
≪写真中央≫
 さて、今年の大雪は普段の景色を一変させてしまいました。園庭も真っ白です。おひさま保育園の子供たちが大騒ぎで遊んで行った後には・・・ひそかに雪だるま職人さんの出没です。果たして子供たちは喜んでくれたのでしょうか?
 
≪写真右≫
 2月14日はバレンタイン。愛する人に気持ちを伝える日。日本中が愛にあふれる中、弘寿園の孟母たちも負けてはいられません。心を込めてクッキーを作り、弘寿園の男性入居者と男性職員へ愛のプレゼント。 
 
 
 

1月の弘寿園②

2014-01-27
 新年の一番の楽しみは「弘寿園 新年会」 おいしい食事の後は恒例の「大ビンゴ大会」
です。「私はここ数年外したことないのよ」「番号が見えないのよ~」と真剣勝負。一等が当選された方は涙ながらに「こんなに嬉しいことはありません」と語って下さりました。外れた方も参加賞を受けとり、おなかも、心も満足、楽しいひと時でした。

1月の弘寿園①

2014-01-27
 
 あわただしい年末を乗り切り、今年もさわやかに始まりました。
弘寿園の一月の様子です。
 
≪写真左≫
 お正月なのでゆっくりと過ごします。楽しみは箱根駅伝の応援と予想!今年も東洋大の圧勝でしたが、数々のドラマがあり、目が離せなかったです。
 
≪写真右≫
 そんな中、牟礼の神明神社へ初もうでに行きました。皆で今年の無事を祈願しておみくじを引きます。中吉は平凡でしょうか?願い事は努力しないとかなわないそうです・・・

ケアハウス 弘陽園(介護型)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おかき作り

2020-03-31
去る一月一六日鏡開きを行い、鏡餅を使ったおかき作りに挑戦しました。
揚げたお餅は倍以上に膨れ上がり、皆様、驚かれ楽しまれていました。
できたて熱々のおかきは「うまい!」ととても好評で食べる手がなかなか止まらなかったです
数日間お餅を揚げた香りが、リビングにほんのりとただよっていたのもいい思い出ですね。
今年も年初めより皆さまの笑顔を多く見ることができました。
本年も利用者皆さまにとって、楽しい一年になりますように。

令和2年 弘陽園 新年会

2020-02-01
毎年恒例の行事 新年会を1月12日(日)に開催いたしました。
今年は新年会の昼食に海鮮ちらし寿司を用意しました。
初めはいつもより食事の量が多いかと心配していましたが、召し上がった利用者のほぼ全員の方が完食して下さり、とても良かったです。
また、余興には昨年好評であった「牟礼はやし保存会」「和太鼓タヲ」の皆様を今年もお呼びし、新年に相応しい獅子舞いと踊り、迫力のある太鼓の演奏を披露していただきました。また余興最後には、利用者・ご家族・職員共に太鼓を実際に叩き、会場の雰囲気も一気に盛り上がり皆様笑顔で新年会を締めくくることができました。
途中ひいていただいた職員お手製のおみくじも喜ばれ、今年の新年会も無事に終えることができました。余興やボランティアでご協力くださった皆さまありがとうございました。

忘年会を開催しました!

2020-01-31
昨年の12月に和ユニットで忘年会を開催しました!
「牛肉が食べたい」という声にお応えし、メニューは『すき焼き』にしました。
皆さんには職員と一緒に野菜やお肉を切っていただき、幸せムードの中ワイワイと楽しく作業をしました。
会食中は賑やかになるだろうと思っていましたが…皆さん黙々と召し上がり、あっという間に完食され、「美味しかった!」や「次の活動は何作るの?」と期待を膨らませていました!
今年も皆さんが楽しめる活動を職員一同考えていきたいと思います

秋の外出活動で多摩六都科学館に行ってきました。

2019-11-14
秋と言えば、「読書の秋」「スポーツの秋」等々、様々な活動に適していると言われますが、萌ユニットでは「学問の秋」ということで多摩六都科学館へ外出活動に行ってきました。
とはいえ、「食欲の秋」とも言いますしお腹も減ってしまっては頭の回転も鈍ってしまうということで、まずは食事を楽しみました。豊富なメニューを前に目移りしながら「うな重」「茶碗蒸し」「蕎麦」「コーラ」…と入居者の方はお好きな物を注文され舌鼓を打たれていました。
その後、お待ちかねの多摩六都科学館へ。こちらの施設は、世界一に認定されたプラネタリウムと観察・実験・工作が楽しめる体験型ミュージアムです。この日参加された方は、日頃から自室の窓から見える月をカメラで撮影している方や、天体に興味があり沢山の専門書をお持ちの方だったので、大迫力のプラネタリウムに見入っていました。(残念ながらプラネタリウムの様子は撮影できなかったので写真は載せられませんでした)
プラネタリウムの後も物理や科学をテーマにした展示をご覧になり、午前中から夕方までの外出活動を大いに楽しまれ、利用者の方にとって素敵な「実りの秋」となりました。

宝塚歌劇団「ベルサイユのばら」鑑賞会

2019-08-17
結ユニットでは7月24日に宝塚歌劇団の有名な演目、「ベルサイユのばら(DVD)」の鑑賞会を行いました。
弘陽園にはプロジェクターがあるので、ユニットの壁をスクリーンにして投影し、音響はスピーカーで流す事により、映画館さながらの大画面・大音量を感じていただけます。
放映が始まると、皆さん画面を食い入るように見つめ、集中して鑑賞していらっしゃいます。特に歌と踊りのシーンでは、首でリズムをとって楽しんでいる方もいました。
過去に宝塚歌劇団を熱心に応援していらっしゃった利用者様は、最後の「グランドフィナーレ」も含めて2時間以上も鑑賞。その他の皆様の中にも、宝塚歌劇団の鑑賞経験があったようで、昔を懐かしまれている方もいました。
照明が暗かったり、大画面・大音量であったり、普段と違う雰囲気の中で、特別な観劇の時間を感じていただけたように思います。

弘済ケアセンター

RSS(別ウィンドウで開きます) 

脳の健康弘済園教室開始!

2018-06-25
脳も身体も、そして心も活性化
全身体操で身体活性化!学習とコミュニケーションで脳を活性化!
三鷹市の委託を受けて実施している介護予防の為の事業『脳の健康弘済園教室』がスタートしました。くもん学習療法センターの協力を得て、今年で11年目に突入しました。認知症予防の教室として開催していますが、体操も同時に行っていますので、終了時には脳も身体も、そして何より心も活性化して修了式を迎えます。
*H30年度は6月~9月末の開催です。

三鷹市高齢者センターけやき苑

RSS(別ウィンドウで開きます) 

府中の伊勢丹に行ってきました!

2017-03-21

2/27(月)~3/10(金)の期間で府中の伊勢丹に行きました。まず、昼食は9階のバンケットルームで、種類豊富なメニューを見て、天ぷらにしようか、いやお寿司にしようか、デザートをつけようか、と皆さん。

たまにはこういうのもいいわね~と賑やかに食事の時間を楽しみました。食後、今回は買い物組とドライブ組に分かれました。買い物組は、それぞれに買いたいものを目指して各階へ。ご家族へのお土産を嬉しそうに選ぶ方、ご自分の食べたいものを選ぶ方、丁度京都展も行なわれていた日もあり、八つ橋をお土産にされた方もいました。ドライブ組は、春の訪れを感じる景色を楽しんできました。当日ご協力いただいたボランティアの皆さん、ご家族の皆さん、ありがとうございました! 

浦島太郎がやってきた!

2017-01-21
月イベントでは、『NPO kokoの会』さんによるミュージカル“浦島太郎”を  観賞しました。劇中には「東京音頭」や「荒城の月」など、利用者さんになじみのある歌が登場したり、フラダンスを披露する場面があったりと、とても愉快な浦島太郎を観賞することができました。
けやき苑ではミュージカルを観る機会がなかなか無かったため、利用者さんの反応はどうなのかな?と思っていましたが、皆さん思い思いに楽しまれており、最後は拍手喝采の嵐でした!!

☆新年会&交流会を実施しました☆

2017-01-30
13日と4日にけやき苑の新年会を、5日には野崎保育園との交流会を行いました!今年の干支の酉や、奇抜な格好に扮した司会者、獅子舞や羽根つきなどを見て皆様大いに盛り上がりました。
獅子舞を見ても怯えて泣き出したりする園児は殆どおらず、むしろ自分も噛んでほしいと積極的に頭を出す子が沢山来てくれました。ご利用者方も苑内の正月飾りやおみくじなど、お正月の雰囲気を楽しまれたようでした!

全員集合!忘年会!

2016-12-22

年末恒例、けやき苑忘年会行事を12/19(月)~22(木)までの期間で実施しました!

 この日のために、数週間前から各活動グループや個人での練習を重ね、ドキドキしながら当日を迎えました。発表するまでは緊張で表情が硬かった方も、本番では本領発揮!!客席からも拍手が沸き起こり、一体感も生まれました。発表を終えた方々の安心したような笑顔を見て、私たちもホッとひと安心。お楽しみの職員企画では、2分間でどれだけ早く着替えられるか対決してみたり・・・。

おおいに盛り上がった忘年会でした~!

 

※ちなみに、今回の忘年会タイトルは、利用者の皆さんに決めていただきました★ 

☆地域サービスデー 開催しました!☆

2016-10-18

109日、地域サービスデー当日は、朝からはげしく雨が降り、あいにくのスタートとなりました。

昼に雨が止んでからは、たくさんの方々が来苑くださり、にぎやかな雰囲気で終える事ができました。当日お越しいただいた人数は、約190名、ボランティアの方は18名でした。

 ランチサービスや作品販売、けやき苑の利用者ボランティアによる手作り体験もおかげさまで好評でした。

 

 皆さまの「力」で、今年も地域サービスデーを大成功させる事が出来ました。職員一同お礼申し上げます。

弘済保育所おひさま保育園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

☆クリスマス会☆

2018-12-25
12月21日、保育園でクリスマス会が行われました。みんなで歌をうたったりペープサートを見たりしました。そして、昨年に続き、スペシャルゲストが来園し、バルーンアートや手品などを披露してくれて、子どもたちは目を輝かせて楽しんでいました。サンタクロースが登場すると「わぁー」と喜び、質問に答えるサンタクロースの話しを夢中になって聞いていました。プレゼントもいただき、子どもたちはニコニコでした。
バイキング式の会食会も「おいしい!」と言って好きなものをたくさん食べて嬉しそうでした。

収穫祭

2018-11-30

11月22日に収穫祭が行われました。保育園の田んぼで収穫した「おひさま米」でうみ組さん(年長児)がおにぎりを作って、お米を育ててきた田んぼに感謝をしながら築山で食べました。戸外で食べるおにぎりは最高でした!

そして園で収穫した野菜などをやま組(年少児)、かわ組(年中児)、うみ組さんがクッキングをして芋汁を作りました。ニンジン、小松菜、水菜、ラデッシュ等々の野菜が盛りだくさんでおいしい芋汁ができました。今年は、戸外でおにぎりや芋汁を食べ、子どもたちは喜んで、「おいしい!」と満足そうに食べていました。

また、今年初、BBQコンロでじゃがいもやさつまいも、おにぎりを焼いて食べ、秋の食を堪能し、心も体もあたたまりました。

うみ組さん、約1年間お米づくり、ごくろうさまでした。おかげでおいしいおにぎりがたべれたよ!

米づくり☆芋ほり遠足

2018-10-25

先日、4、5歳児で稲刈りを行いました。一人ひとりハサミで稲を刈り、5歳児はカマでの稲刈りも体験し、「たくさん実がついている!」と嬉しそうにしていました。

数日後、稲の脱穀を行いました。「千歯こき」という農具を使って手作業で行います。初めて触れる農具に興味をもち、力いっぱいに稲を引っ張って穀粒を扱きおとしていました。

これから、もみすり、精米をしてお米ができるまで、もうひと頑張りです。

 

1017日には、5歳児が芋ほり遠足に行ってきました。今年は土の奥深くに埋まっていて、掘るのが大変でした。しかし、たくさんの大きいお芋が収穫でき、喜んでいました。

掘ってきたお芋は、来月のやきいもパーティーで食べます!お芋は1か月おくと、甘く美味しくなるとのこと、楽しみですね。 

夏の思い出

2018-09-13

 8月は、スイカ割り、お泊り保育、プールと楽しい活動がもりだくさんでした。

 

 スイカ割りでは、勢いよく割ったスイカを「おいしい!」と言ってたくさん食べました。

スイカが苦手でいつもは食べないお友達も、この日はパクリと食べます!

 お泊り保育では、年長児がみんなで夕食のカレーを作って食べたり、花火をしたり、保育園にお泊りをしました。みんなで協力していろいろなことを乗り越えた翌朝は、とてもすがすがしい顔をしていました。

 プール活動では、もぐれるようになったり、泳げるようになったり、できるようになったことを嬉しそうに話をしていました。

 夏のあそびを通して、心も体もよりたくましくなった子どもたち。涼しくなったら今度は、戸外で虫や草花など自然に触れて遊ぶことを楽しみたいです。

お花見・入園式

2018-04-04

3月末、園舎前の桜の下で3、4、5歳児でお花見をしました。お茶とポップコーンと一緒にきれいな桜を見て、うれしそうでした。

4月2日に第11回入園・進級式が行われました。今年度は新しいお友だちが18名入ってきてくれました。新しい環境にドキドキ・ワクワクした表情が子どもたちから感じられますが、少しずつ慣れていき、たくさんあそんで元気いっぱい楽しく過ごしていきたいです!

弘済保育所おひさま保育園 (子育て支援 たんぽぽひろば)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子育て講座『ピラティス講座』

2017-10-24
10月11日・25日にピラティス講座を開催しました。
 
講師はマットピラティスインストラクターの石山綾子さんです。
始めはストレッチで体をほぐして・・・少しずつピラティスの動きを取りいれて
お腹に力を入れていきます。
腹筋を使うので、見た目の動きは激しくないのに結構きついです!!
お母さんたち頑張ってくれました。お母さんの体がきつくなってきた頃に
あかちゃんも飽きてきて甘えたくなったようです。
 
終了後は質問タイムで様々な質問が出て、一つひとつ教えていただきました。
 
ご参加ありがとうございました。

ベビーマッサージ講座

2017-09-20

たんぽぽひろばでは、9月20日ベビーマッサージ 講座を開催しました。

講師は、~ナテュレ~の安永智奈美さんをお迎えしました。

 

刺激の少ないホホバオイルを使いパッチテストで皮膚の様子を見ながら無理なく進めていきました。パッチテストの結果がでるまでママたちも抱っこなどで固まった体を簡単なストレッチでほぐしました。1ケ月~5ケ月の赤ちゃんが参加してくれました。

 

おなかが空いたり、初めての事でびっくりしたりで泣いてしまう赤ちゃんもいましたが、

胸、背中や足の裏、手のひらを沢山刺激されて気持ちよさそう。ママと赤ちゃんにいいことずくめのベビーマッサージでした。

 

最後はおっぱいをたっぷり飲んで、ママと赤ちゃんのスキンシップも終了となりました。

子育て講座  「親子リトミック」

2017-07-12

712日 小さい月齢の「親子リトミック講座」を開催いたしました。

講師は三好かな子さん。いつも人気の講座です。

 

10ヶ月~19ケ月の小さい月齢のお友だちのリトミックでした。

14組の親子の参加で、楽しい一時を過ごしました。

普段は触れることのないタンバリンや鈴、を持って、トトロの曲にあわせて、歩いたり、音楽が止まったらストップしたりとママに抱っこのお友だちもニコニコ。

今回は、「大きい、小さい」をテーマにしたリトミックでした。大きな太鼓どーんどーん、小さな太鼓とんとんとん手や指を使って表現したり、製作では色画用紙で切った大きい〇、小さい〇に好きなお絵描きをしました。それを太鼓に見立ててど~んど~ん、とんとんとん

と、打ちならしました。

子どもたちが大好きな紙芝居の時間は「おおきく、おおきく、おおきくな~れ」を読んでもらい、あっと言う間にリトミックが終了しました。

子育て講座 「親子de運動あそび」

2017-06-14

614日に子育て講座「親子de運動あそび」を開催しました。

講師は当園、運動あそび講師の大村真紀さんです。

17組の親子の参加で、足のうらの「もしもしでんわ」や・前屈・開脚等の準備運動から始まりました。

フープを持ってママに引っぱってもらって楽しいな。マットのサーフィンは足をしっかり踏ん張って落ちないようにバランスが必要。雑巾がけは、足の裏、指を使ってぐいぐい押して、端まで行ったらUターン。

鉄棒では、ユ~ラユ~ラぶらさがったり、ブタのまるやきもやりました。

最初は恥ずかしがった子どもたちも自分で出来たことの喜びで、何度も何度も繰り返し楽しんでいました。子どもたちと一緒に動いたお母さんもちょっとお疲れもよう。

運動専門講師に教えてもらい、怪我もなく楽しい時間をすごしました。

 

2月にはパパと一緒に運動あそびの講座があります。ご参加おまちしています。

たんぽぽひろば親子講座「アロマで作る虫除けスプレー」

2017-05-31

5月30日(火)~ベビーマッサージ&クラフト作成教室「Naturaナチュラ」~の

安永智奈美さんをお迎えして「アロマで作る虫除けスプレー講座」を開催しました。シトロネラ・レモングラス・レモンユーカリ・ゼラニウムなどは虫除け作用があるそうです。今回は「シトロネラ」の精油を使用しました。アロマは蚊を殺すのではなく、蚊を寄せ付けない天然の虫除け作用が特徴です。

子どもたちはお母さんがメモリを見ながら計っている時も、とっても静かにお母さんの様子を見ていました。講座終了の頃にはさすがに眠いのと、お腹が空いたのとで賑やかになりました。

お部屋の中は爽やかな香りが漂いこれから始まる梅雨の時期にも最適です。

市販の虫除けスプレーには「ディート」という薬品が含まれています。(ちょっと裏返して使用成分を見てください。)人工的に作られた薬剤です。子どもの使用に際しては使用回数の目安を超えないよう気をつける必要があります。子どもには、安心できるものを使ってあげたいですね。

 
社会福祉法人東京弘済園

弘済園、弘陽園、弘寿園
弘済ケアセンター、
弘済保育所(おひさま保育園)
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀5-2-5
TEL.0422-43-3319(代表)
 
けやき苑
〒181-0016
東京都三鷹市深大寺2-29-13
TEL.0422-34-5440
 
※各施設、見学の際は必ず事前にご予約ください。
 


 
LINE@
 
はじめました!
 

ご利用者様の様子やイベントレポート、季節のお役立ち情報など楽しい情報満載で配信予定です!

 
「@yfg8592v」でID検索!
「東京弘済園」で公式アカウント検索!
 
皆様のご登録をお待ちしております。

当サイトの画像・文章の
転載はご遠慮ください。
無許可の転載・転用等は
法律により罰せられます。
TOPへ戻る