本文へ移動

職員日誌

ブログを見たい施設を下から選んでください(施設毎に記事を更新しています)

法人(法人イベント・他)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和元年クリスマスイルミネーション

2019-12-23

今年もまた東京弘済園の正面入口にイルミネーションを設置しております。

12月25日(水)の19時30分まで、どなたでも本館正面玄関及び中庭のイルミネーションをご覧いただけます。

毎回創意工夫をしながら、皆様に楽しんで頂けたらと思い設置に励んでおります。小さいお子様とご一緒にご覧になる姿も多く見られ、微笑ましい様子です。令和元年のクリスマスイルミネーション、皆様のお越しをお待ち申し上げております!


 

三鷹市東部地域包括支援センターに感謝状!!

2019-12-23
地域包括支援センターでは、地域の方にお声を掛け、地域の課題などをテーマに「地域支援連絡会」を開催しております。
9月11日は「あなたはいつ、運転免許を返納しますか?」というテーマでした。高齢者の運転による事故も多い中、50名を超える方々にご参加頂きました。三鷹警察署、三鷹市役所、のぞみメモリークリニックから、専門的な内容のお話をして頂きました。その後各グループに分かれて意見交換をしました。このテーマを選んだきっかけは90歳代の男性とのやりとりでした。家族からの再三の返納の説得にも応じることなく、車のない生活は不便になるから運転を続けているとのことでした。そこでどんな地域の支援があれば「車のない生活」が送れるのか、皆様と意見交換をしました。結果はお写真のように、様々なご意見を頂きました。そして、その取組みについて、三鷹警察署から感謝状を頂きました。これからも日々地域の方々のために、職員一同、精進していく所存です。
 

東京弘済園まつり

2019-11-25
東京弘済園まつりを開催しました!
心配だった天候も何とか持ち、多くのお客様にご来場頂きました。
 
来賓の三鷹市長のご挨拶から始まり、明星学園和太鼓部による迫力のあるオープニングを行い、午後は世界一大きな布絵本を上映しました。
 
その他にも、各種模擬店をはじめ、バルーンアート、ゲームコーナー、革細工、福祉セミナーなど多くのイベントを行い、大変盛況となりました。
 
また弘済園まつりは、多くのボランティアの方々のご協力なくしては、成り立たないものです。
 
今回、ご協力頂いたボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

 

敬老祝賀式典

2019-09-26
9月11日(水)弘済ケアセンターホールにて、各施設の利用者様をご招待し敬老祝賀式典を開催しました。
長年社会のために働いてきた利用者様を敬い長寿をお祝いする式典です。
喜寿(77歳)の方4名、米寿(88歳)の方14名、白寿の方3名、100歳以上の方6名の利用者様のお名前が読み上げられました。三鷹市から三鷹市長のお祝いのお言葉も頂きました。
第二部ではおひさま保育園4歳・5歳児によるダンスと握手のプレゼントです。
利用者様全員で「わっしょい!わっしょい!」と声を出し、賑やかな時間を過ごしました。
職員一同、利用者様を敬い感謝の気持ちを込めて、
『おめでとうございます』
これからも、心のこもった質の高いサービス提供に努めたいと思います。
 

 

 

 

 

園内作品展が始まりました

2019-09-15

園内作品展が始まりました。

9月29日(日)まで展示されています。

各施設から手作りの作品が集まり、どの作品も力作です。

「龍」の鋭い目、立派な髭、全身鱗の姿は勇壮果敢で勢いを感じ、

多年にわたり社会に尽くしてこられた利用者様の力強さを感じる作品です。

是非お立ち寄り頂き、実物の作品をご覧ください。

 

 

 

 

 

特別養護老人ホーム 弘済園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域に密着したレクリエーション

2018-03-19
弘済園は、日々、地域の方々に支えられて介護の仕事をさせていただいているなと感じます。
今回はレクリエーションについてご紹介します。
毎月一回、利用者さんのご家族や地域のボランティアの方による歌のレクリエーションが行われています。『コスモス歌の会』と言って小さいお子さんからご年配の方までたくさんの方が参加され、楽器を弾いたり唄を歌ったりしてくださいます。歌は利用者さんにもなじみの深い季節の童謡が多く、手遊びを取り入れながら利用者さんに体を動かして頂きます。小さいお子さんも大きな声で歌ってくれるので微笑ましく、利用者さんの顔もとてもにこやかになります。ご家族のお孫さん、曾孫さん、そのお友達が参加され世代を超えた交流です。
毎週火曜日にオープンする喫茶りんどうもボランティアさんのおかげで開催できています。手芸クラブや茶道クラブにもボランティアさんが関わって下さっています。
また、定期的に行われる杏林大学吹奏楽、桐朋学園芸術短期大学卒業生主催の『るぽんの会』による演奏会、朗読の会『こまどり』、毎年恒例となったハーモニカの会三味線の会フラダンスの会、タヲ太鼓、お囃子の会も、全て地域のボランティアさんのおかげで開催することができているのです。
その交流は、利用者さんにもとても良い刺激になっていると思います。

節分

2018-03-09

時間が経つのが早く感じます。もう3月になってしまいました。 

1ヶ月程前のことになりますが、節分の話です。

皆様、ご存じでしょうか?実は節分とは、「季節の始まりの日の前日」のことだそうで、

年に4回あるのだそうです(立春・立夏・立秋・立冬の前日)。江戸時代以降は、旧暦の年の始まりにあたる立春の前日を「節分」とすることが多くなったようです。

弘済園でも、毎年願いを込めて豆まきをしています。そんな節分の日の記念撮影です。

豆まきの際には、逃げまわっていた鬼達でしたが

「はい、ポーズ」

  

 

・・・強そうですね (^^) 

 

まだまだ、インフルエンザが流行っているようです。豆まき効果で、無事このまま乗り切れるよう、頑張っていきたいと思います。

新年会

2018-03-01

待ち遠しかったお正月もあっという間に過ぎ、2018年も2月に入ってしまいました。

弘済園では今年も色々な行事を予定しています。

 

今年初めの行事は、128日に行われた新年会で、フロアごとに趣向を凝らした出し物で楽しんでいただきましたが、何と言っても目玉は、職員が各フロアを回って行った『餅つき』でした。「よいしょ!よいしょ!!」と掛け声をかけ「頑張ってー!!」と声援も上がり、いきよい良く臼に入ったお餅目掛けてついていました。職員と一緒に餅をつく方や、お一人で一生懸命につく方など様々。皆さん「私もやりたい!」「私にもやらせてー!」と普段遠慮される方も、積極的に一緒になって楽しんでおられました。おやつの時間には、餅つきに因んで可愛らしい大福を用意して召し上がっていただき、今年の新年会も好評の内に無事に終了する事が出来ました。

ご家族の気持ち

2017-12-23
私の実家は長野で、年に数回しか帰れないので、久しぶりに帰省すると父母の老いに驚くことがあります。特に80歳過ぎた父は、初期の認知症で、まだ自分の病気を認められずにいて、うつ症状も見られるのでとても心配です。
介護の仕事をしていると、認知症や高齢者の病気には慣れているように思っていましたが、自分の父がそうなってしまうと、やはり家族として戸惑ってしまいます。
そのことから改めて弘済園の利用者のご家族の気持ちも理解出来ました。
ここで、「介護に疲れたり、イライラしたら読んでみて」と、知人に薦められた詩の冒頭の部分をご紹介します。
 
『手紙~親愛なる子供たちへ~』
年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい
   あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
   その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
   あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
   いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた
悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい        ― 続 く―
 
この詩は、歌手の樋口了一さんによって 歌も歌われています。
関心を持たれた方は、『 You Tube 』をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=55EjDYHlMHc

レクリエーション

2017-11-29
弘済園では、日々様々なレクリエーションを行っています。
今回は、その中からいくつかのレクリエーションをご紹介したいと思います。
その1.『たこ焼きの会』
皆で粉を混ぜるところから始め、家庭用のたこ焼き器で焼いて食べよう!という企画です。
参加した皆さまに大好評でした!! たこ焼き大好きという方は、自分で食べるたこ焼きの粉をグルグルと力いっぱい混ぜ、焼きたてを美味しそうに召し上がっていました。また、作ることは参加しなかったけれど、「どうぞ」と差し出されたたこ焼きを見て、「いいの?」と遠慮されながらも、一口でパクッと召し上がる方もいました。香りも楽しめたように思います。
その2.『ハンドマッサージの会』
手浴等で手を温めた後に、クリームを塗りマッサージをします。マッサージを受けた方々は気持ち良さそうにされていました。簡単なことですが、少しでもゆったりとした時間を過ごして頂けたらと思います。
その3.『的当ての会』
的当てで点数を競います(今回の的は「関取り」です。横綱の立派なお腹を目掛けて「エイ!」)。年齢を重ねると、競争ということをしなくなりますが、こういう時は皆さんの張り切る姿が見られます。
弘済園には様々な方が入居されています。
そのお1人お1人に合ったレクリエーションを、今後も考え行っていきたいと思います。

養護老人ホーム 弘寿園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

♬遠足に行きました♬

2019-11-25
今年は山本有三記念館、国立天文台の星と森と絵本の家、井口院(いこういん)に行きました。
秋晴れとはいきませんでしたが雨に降られることもなく無事に遠足行くことができました。
山本有三記念館は三鷹市の文化財にも指定された場所で実際に山本有三が住んでいた家がそのまま残っており、外観も内装もとてもお洒落でその話で持ちきりでした。
国立天文台の星と森と絵本の家は、老若男女問わず楽しめる様々な絵本があり皆さん手に取ってみていました。
「私が小さいころにみた絵本と大分違うわね。今の絵本は色使いも絵自体もすごく綺麗で飽きないわね。物語もこっているわ。」と目を輝かやかせて没頭して読まれていました。
井口院では庭園が綺麗に手入れされており、沢山の季節の花が咲いていました。
また井口院の目玉とも言える巨大な仏像の他閻魔の仏像もありました。
敷地内には陶器で造られたもの、石で造られたもの様々な世界の神様も祀られており皆さん興味津々で手を合わせていました。
市内でも行ったことがない場所も沢山あるので、来年も散策をしたいですね(●^o^●)

たこ焼きの会

2019-11-23
11/23 たこ焼きの会を行いました。
15時から食堂で厨房の方がたこ焼きの機械を使って沢山焼いてくださいました!!
準備の段階からとてもいい香りがし、ついつい足が食堂に向かってしまいます。
たこ、ねぎ、紅ショウガ、揚げ玉を刻んで1個1個丁寧にクルクルと・・・
お店のような綺麗な形のたこ焼きが出来ました。
仕上げに、ソースと青のりをふりかければまん丸の美味しそうなたこ焼きの出来上がり(*^_^*)
「久しぶりに食べると美味しいね。」「こんなに丸く焼けるのはプロだね!」「若い頃よくお祭りの出店の食べたな~。」
と皆さん感激し、昔を思い出し懐かしんでいる方も。
あっと言う間に食べ終わってしまい、おかわりをしたいところですが美味しい夕食がまっているのでまた次回のお楽しみにとっておきます♪

☆念願の白ゴーヤ収穫☆

2019-08-31
少しずつ暑さも和らぎ、早朝は涼しい日もでてきました。
園庭で育てているゴーヤは、緑ゴーヤは沢山収穫できましたがなかなか白ゴーヤができず園芸好きの入所者は「今年は不作だな。」とがっかりされていました。
毎日愛情を込めて水やりや雑草抜きをしていると、8月中旬よりあちらこちらに白ゴーヤの小さな実がなりはじめました。
「ここに白い赤ちゃんがいるよ。」と喜ばれ、沢山の入所者がプランターを見に来られ「白いゴーヤなんて始めて見たわ。緑だけじゃないのね!!」とびっくりされ収穫が待ち遠しく感じました。
白ゴーヤは緑ゴーヤより成長が早く、また実も真っ直ぐと大きく太く立派なものが収穫できました。
「これを待っていたんだよ。」と皆さま喜ばれていました。
今では緑ゴーヤより白ゴーヤの方が実の数が多い程です(●^o^●)。
沢山収穫できた際には皆さんで美味しく召し上がりましょう!

ゴーヤ成長日記 その②

2019-06-13
皆さまこんにちは(●^o^●)
ゴーヤの苗を植えて早1ヵ月。毎日愛情たっぷりの水をあげ順調に育っています!今年も立派なグリーンカーテンになると良いなと思います。 
 今年は緑のゴーヤに加え、珍しい白いゴーヤも植えたので成長が楽しみです。
 緑のゴーヤは、既に小さなかわいいミニゴーヤをいくつも実らせています。
 しかし、白いゴーヤは、まだ実がなりません (;_:)
   毎日「白はまだか?」と苗と睨めっこをしています。
 今年も沢山収穫して美味しく皆さんでいただきましょう\(^o^)/。

♩弘寿園、なつ支度♬

2019-04-18
皆さまこんにちは♪
初夏のような日があれば、朝夕の気温が低い日もありますが、弘寿園はまだまだ春真っ盛り。今は八重桜が満開になりつつあります。週末の家族会には皆様に満開の八重桜をお見せできることと思います♪
 さて、弘寿園では早くも夏支度です。ゴーヤの苗を植える準備を始めました。支柱を立てて、蔓が絡みやすいよう糸を張り、土を耕しました。順調にいけば苗はすくすくと成長し、見事な「グリーンカーテン」になることと思います。「観察日記」は当ブログで随時、お知らせ致します♪

ケアハウス 弘陽園(介護型)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

宝塚歌劇団「ベルサイユのばら」鑑賞会

2019-08-17
結ユニットでは7月24日に宝塚歌劇団の有名な演目、「ベルサイユのばら(DVD)」の鑑賞会を行いました。
弘陽園にはプロジェクターがあるので、ユニットの壁をスクリーンにして投影し、音響はスピーカーで流す事により、映画館さながらの大画面・大音量を感じていただけます。
放映が始まると、皆さん画面を食い入るように見つめ、集中して鑑賞していらっしゃいます。特に歌と踊りのシーンでは、首でリズムをとって楽しんでいる方もいました。
過去に宝塚歌劇団を熱心に応援していらっしゃった利用者様は、最後の「グランドフィナーレ」も含めて2時間以上も鑑賞。その他の皆様の中にも、宝塚歌劇団の鑑賞経験があったようで、昔を懐かしまれている方もいました。
照明が暗かったり、大画面・大音量であったり、普段と違う雰囲気の中で、特別な観劇の時間を感じていただけたように思います。

餃子の会♪

2019-07-17
「焼きたての餃子が食べたい」という声にお応えし、餃子の会を開催しました!!
どんな餃子を作ろうかと考えましたが、気負わず皆さんが楽しめる企画にしようと、餃子の具は作らず今回は冷凍餃子を購入し、焼くことを楽しんでいただきました。(冷凍餃子のブランドにはこだわりました!)
ただ…作る工程がないのは味気ないという事になり、食後のデザートに用意していたキウイフルーツのカットをしていただきました。
餃子については皆さんから「冷凍なのに美味しいね!」や「あつあつの餃子は美味しいね!」といった声があがり、皆さん美味しく召し上がれたようです。
次回は何を食べましょうかね♪

今年も運動会開催しました!!

2019-06-30
6月下旬に介護型の運動会を保育園遊戯室で行いました。今年は、和ユニットと藤ユニットが赤組に結ユニットと萌ユニットが白組に分かれチームを組みました。
ハチマキを巻いて準備体操を行い、気合十分。最初の種目は、「ボール送り」お互いのボールを目で追いながら、自分の所にいつ来るのか目が離せません。この日のために、練習をしていた方もいて、熱い試合となりました。そして、気分も徐々に高まってきたところで迎えた「応援合戦!!」赤組は鳴り物を手に持って声を出し、逆に白組は鳴り物を使わず、団長に合わせて手拍子で応援し、一体感を感じました。「借り物競争」では走った選手は失格というルールの中、安全にスタート♪お題は様々で出場者以外の方も声を出しながら、皆さんで探し出しました。後日、私も出場したかったとの声も上がり、入居者の熱意にジーンと心が熱くなりました。「職員綱引き」では、作戦会議をして互いに奮闘しました。僅か30秒でしたが、終わったころには息切れした職員もいました。最後の種目は「玉入れ」両チーム共にほとんどのボールが無くなるほど入り、カゴから溢れ出そうでした。
今年の優勝は、3年ぶりに赤組でしたが、準優勝の白組も大健闘しました。そして皆さん怪我無く安全に楽しみました。ご協力いただいたボランティアの皆様、ご家族の皆様ありがとうございました。

職員が作ったパスタでランチ

2019-04-23
いつもは入居者の方と一緒に調理をしていますが、3月14日のホワイトディは職員からの感謝の贈り物として手作りのパスタをふるまわせて頂きました。
献立は
パスタは2種類、昔懐かしナポリタンと出汁かおる和風パスタ。
ベーコンがいっぱいコンソメスープ。
手作りドレッシングつき野菜サラダ。
「美味しい」と皆さん召し上がって下さいました。
2018年度も終わりますが、2019年度も入居者の方が自然と笑顔になれる企画を考えていきます。
 

弘陽園新年会

2019-02-28
1月13日に毎年恒例の新年会を開催しました。
食事の部では、食事サービス課が東京都高齢者福祉施設協議会による食事のグランプリで3位となったことを記念して、そのグランプリに出場した際に実際に作ったメニューが入居者の皆さんに振舞われました。「あら、まぁ!ほっこり冬の優しさ包み御前」という名を冠した、味も見た目も豪華なお食事に皆さん大変喜ばれていました。

 
その後行われた余興の部では、地域のお囃子の団体「牟礼囃子保存会」の皆さんによる演舞があり、目の前で獅子舞が舞った時には大きな歓声が上がりました。更に、今年は和太皷バンドGOCOOがプロデュースするタヲ太鼓道場の皆さんをお招きし、大迫力のタヲ太鼓の演奏を目の前で実演して頂きました。演奏の後は入居者の皆さんも一緒に太鼓を叩く機会を用意して頂きましたが、初めは遠慮がちだった皆さんも次第に思い切り楽しまれるようになり、最終的には皆さんの叩く太鼓の大きな音が弘陽園に響き渡っていました。
こうして今年の新年会は、一年の始まりに相応しい大盛況の会となりました。

弘済ケアセンター

RSS(別ウィンドウで開きます) 

脳の健康弘済園教室開始!

2018-06-25
脳も身体も、そして心も活性化
全身体操で身体活性化!学習とコミュニケーションで脳を活性化!
三鷹市の委託を受けて実施している介護予防の為の事業『脳の健康弘済園教室』がスタートしました。くもん学習療法センターの協力を得て、今年で11年目に突入しました。認知症予防の教室として開催していますが、体操も同時に行っていますので、終了時には脳も身体も、そして何より心も活性化して修了式を迎えます。
*H30年度は6月~9月末の開催です。

三鷹市高齢者センターけやき苑

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夏祭り

2016-08-31
今年の夏祭りは8月3日~5日の3日間「オリンピック」をテーマに実施しました。
苑内には色彩豊かな万国旗が飾られ、本物さながらの聖火台に國府田所長から皆様に繋がれた聖火が無事に点火され拍手が鳴り止まない中、開会式が行なわれました。
 昼食は各国の料理を堪能し、今回はオリンピックに因んで対戦型ゲームを盛り込み、金メダルを目指して奮闘。その他にも記念写真のコーナーや東京オリンピックの懐かしい映像をみて、ご家族、お仲間との会話も弾んでおりました。

★月イベント実施報告★

2016-07-30

7月7日(木)の午前中、ピピッタパン(歌唱唄の会)の皆さんに来ていただき、「新種のシャンソンプチコンサート」を開催しました!

 ピアノとベースの生演奏による「ろくでなし」や「愛の讃歌」などの歌を披露していただき、後半には「ドレミの歌」「今日の日はさようなら」を皆さんと一緒に唄いました。普段とは違う雰囲気のなか、楽しいひとときを過ごすことができました。

 ちなみに、「ピピッタパン」と言う名前はタイ語で「博物館」という意味だそうで、「古くても博物館に収蔵されるほどの値打ちのあるもの」と拡大解釈して名づけられたそうです

郷土料理週間を実施しました!

2016-06-23

613日(月)~18日(土)まで、各地方の郷土料理がけやき苑のお昼ご飯に登場しました。

月:北海道【豚丼】火:佐賀県【たろめん】水:和歌山県【太刀魚の金山寺味噌焼き】木:三重県【鯖の混ぜご飯】金:神奈川県【サンマー麺】土:兵庫県【カツめし】

 料理の名前を見てなんとなく想像ができるものと、「どんな料理なんだろう?」と不思議に思うものといろいろですが、【たろめん】と【サンマー麺】はあまり聞いたことがない料理名ですよね。

 【たろめん】は元々“太郎麺”という名前だったそうで、炭鉱で働く人のスタミナ料理として好まれていたようです。中華風のスープにうどんが入り、食堂にもおいしそうな匂いが漂っていました。

 また、【サンマー麺】は戦前、調理人のまかない料理としてトロミをつけた肉そばが原型と言われているそうです。

皆さんの出身地の郷土料理はありましたか?次回の郷土料理もお楽しみに!
 

シャッフルゴルフがリニューアル!

2016-05-18

けやき苑にて実施されていましたシャッフルゴルフというゲームですが、長きに渡る使用によりマットの劣化が著しいため、この度月曜日むくろじの会の活動にて新しいシャッフルゴルフマットを作成しました。今回のマットは得点の枠をテープで移動できるよう工夫がされており、希望に合わせて難易度の調整が可能となっています。また、得点の位置が変えられることで、毎回違う結果を楽しむことができるようになりました。

 今年度からより綺麗に、より便利になったシャッフルゴルフで楽しいレクリエーションの時間を提供していきます。                   

お花見ドライブ~八重桜見物

2016-04-19
3月30日(水)から4月6日(水)の一週間、けやき苑周辺のさくらを見に出掛けました!
毎年恒例になっているこのドライブ、皆さん楽しみにされています。
今年のさくらもきれいに見る事ができました。また、東京弘済園の芝生広場にある八重桜も見ごろを迎えました。お花見三昧の春です。

弘済保育所おひさま保育園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

本日は七五三です。

2016-11-15

1115日は七五三です。おひさま保育園では、七五三を祝して特別メニューの給食となりました。

なんと!みんなが大好きなアンパンマンの豆腐ハンバーグとプリン型のピラフです。

こんなに可愛い給食なら、苦手なお野菜もモリモリ食べてしまいますね。

明日は5歳児さんのさんま1匹食べと焼き芋パーティ。22日は収穫祭と食の行事が盛りだくさん。まさに食欲の秋!!

みんな、たくさん食べて大きくなあれ☆

秋の遠足に行ってきました。

2016-10-19

10月19日3~5歳児クラスでは遠足で神奈川県横浜市の金沢自然公園(金沢動物園)に行ってきました。大型バスに揺られ、1時間30分の道のりではありますが、おしゃべりをしたりして過ごしました。

動物園に到着すると、まずはクラス毎に記念撮影をしてからコアラやオカピなど様々な動物を見て回りました。特にカンガルーは近くで見ることが出来たので、跳び方を真似したり、話しかけたりと子どもたちは大興奮でした。

その後、広場でお弁当を食べました。朝早くから作ってもらった素敵なお弁当に皆うれしそう。

美味しく食べた後は、公園でローラーすべり台やアスレチックで思いっきり遊んでから帰路につきました。帰りのバスの中ではたくさん遊んだのでほとんどの児がお昼寝タイムでした。

皆にとってとても楽しい1日になりました。保護者の皆様お弁当作り有難うございました。

築山がオープンしました。  

2016-09-15

今年3月、弘済園内の駐車場脇を整備し、築山を作ることとしました。芝生を養生すること半年。

ようやく、青々とした芝生が育ち、95日にオープニングセレモニーを開催しました。当日は、東京弘済園の園長を始め、多くの方に参加いただき、くすだま割りとテープカットを行った後、おひさま保育園の園児たちがクラス毎に遊びました。坂を勢いよく駆けたり、ダンボールをそりにして遊んだり、シャボン玉で遊んだりと皆とても楽しそう。

冬になって、もし雪が積もったら、そり遊びが出来るかもしれませんね。

これから、保育園の子どもたちが遊んでいるところを高齢者のみなさんが見に来ていただき、子ども達から元気をもらってもらえると嬉しいです。

たこがやってきた!! 

2016-09-06

乳児さんのクラスがイカやタコの製作を行ったことから、タコに興味を持ちはじめたので、職員のお父さんが協力の下、保育園にたこを呼び、ふれあうことにしました。

まずは、たらいに入ったタコをみんなで観察。その後、順番に並んでたこを触ってみました。

生きているタコは水族館で見ることはあっても、触れることは殆ど無いので、皆興味津々。

最初は「怖い!」と言っていた子ども達も実際触ってみると、「大きいね!」「ぎゅーってするね。」等と言い関心を持つ姿が見られました。

そして、食べるためには麺棒でたたいて茹でないと食べられないという話をすると、一瞬皆の顔が曇りましたが、タコに「おいしくなーれ」と言いながら、タコにお別れを告げることが出来ました。

幼児のクラスから「いのちをもらってるんだよね」という言葉も聞こえ、この経験を通して、命の大切さを感じたのではないでしょうか。

うみ組さん(5歳児)のお泊り保育 

2016-08-10
 729.30日にうみ組さんのお泊り保育を保育園内で実施しました。

みんなで夕食と朝食に必要な食材を購入しに近所のスーパーへ。

夕食のカレー作りは、毎週、食育で包丁や皮むき器の使い方を練習したので

上手に作ることができました。そして、みんなで作ったカレーは先生たちと共に園庭で食べ

とても美味しかったです。

宝探しでもらった花火を楽しみ、その後は露天風呂に入りました。

寝る前に戸締り確認。夜の保育園は初めてでドキドキ。しかも、ホールにはびっくりするしかけもあって、ハラハラどきどきでしたが、無事見回りを行うことができました。

翌朝、みんなでお隣の杏林大学をお散歩しました。朝のお散歩は気持ちいいですね。

2日間頑張ったみんなには、メダルがプレゼントされると、子ども達は達成感でいっぱい。

この経験を通して、一回りも二回りも成長したうみぐみさんです。

弘済保育所おひさま保育園 (子育て支援 たんぽぽひろば)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子育て講座『ピラティス講座』

2017-10-24
10月11日・25日にピラティス講座を開催しました。
 
講師はマットピラティスインストラクターの石山綾子さんです。
始めはストレッチで体をほぐして・・・少しずつピラティスの動きを取りいれて
お腹に力を入れていきます。
腹筋を使うので、見た目の動きは激しくないのに結構きついです!!
お母さんたち頑張ってくれました。お母さんの体がきつくなってきた頃に
あかちゃんも飽きてきて甘えたくなったようです。
 
終了後は質問タイムで様々な質問が出て、一つひとつ教えていただきました。
 
ご参加ありがとうございました。

ベビーマッサージ講座

2017-09-20

たんぽぽひろばでは、9月20日ベビーマッサージ 講座を開催しました。

講師は、~ナテュレ~の安永智奈美さんをお迎えしました。

 

刺激の少ないホホバオイルを使いパッチテストで皮膚の様子を見ながら無理なく進めていきました。パッチテストの結果がでるまでママたちも抱っこなどで固まった体を簡単なストレッチでほぐしました。1ケ月~5ケ月の赤ちゃんが参加してくれました。

 

おなかが空いたり、初めての事でびっくりしたりで泣いてしまう赤ちゃんもいましたが、

胸、背中や足の裏、手のひらを沢山刺激されて気持ちよさそう。ママと赤ちゃんにいいことずくめのベビーマッサージでした。

 

最後はおっぱいをたっぷり飲んで、ママと赤ちゃんのスキンシップも終了となりました。

子育て講座  「親子リトミック」

2017-07-12

712日 小さい月齢の「親子リトミック講座」を開催いたしました。

講師は三好かな子さん。いつも人気の講座です。

 

10ヶ月~19ケ月の小さい月齢のお友だちのリトミックでした。

14組の親子の参加で、楽しい一時を過ごしました。

普段は触れることのないタンバリンや鈴、を持って、トトロの曲にあわせて、歩いたり、音楽が止まったらストップしたりとママに抱っこのお友だちもニコニコ。

今回は、「大きい、小さい」をテーマにしたリトミックでした。大きな太鼓どーんどーん、小さな太鼓とんとんとん手や指を使って表現したり、製作では色画用紙で切った大きい〇、小さい〇に好きなお絵描きをしました。それを太鼓に見立ててど~んど~ん、とんとんとん

と、打ちならしました。

子どもたちが大好きな紙芝居の時間は「おおきく、おおきく、おおきくな~れ」を読んでもらい、あっと言う間にリトミックが終了しました。

子育て講座 「親子de運動あそび」

2017-06-14

614日に子育て講座「親子de運動あそび」を開催しました。

講師は当園、運動あそび講師の大村真紀さんです。

17組の親子の参加で、足のうらの「もしもしでんわ」や・前屈・開脚等の準備運動から始まりました。

フープを持ってママに引っぱってもらって楽しいな。マットのサーフィンは足をしっかり踏ん張って落ちないようにバランスが必要。雑巾がけは、足の裏、指を使ってぐいぐい押して、端まで行ったらUターン。

鉄棒では、ユ~ラユ~ラぶらさがったり、ブタのまるやきもやりました。

最初は恥ずかしがった子どもたちも自分で出来たことの喜びで、何度も何度も繰り返し楽しんでいました。子どもたちと一緒に動いたお母さんもちょっとお疲れもよう。

運動専門講師に教えてもらい、怪我もなく楽しい時間をすごしました。

 

2月にはパパと一緒に運動あそびの講座があります。ご参加おまちしています。

たんぽぽひろば親子講座「アロマで作る虫除けスプレー」

2017-05-31

5月30日(火)~ベビーマッサージ&クラフト作成教室「Naturaナチュラ」~の

安永智奈美さんをお迎えして「アロマで作る虫除けスプレー講座」を開催しました。シトロネラ・レモングラス・レモンユーカリ・ゼラニウムなどは虫除け作用があるそうです。今回は「シトロネラ」の精油を使用しました。アロマは蚊を殺すのではなく、蚊を寄せ付けない天然の虫除け作用が特徴です。

子どもたちはお母さんがメモリを見ながら計っている時も、とっても静かにお母さんの様子を見ていました。講座終了の頃にはさすがに眠いのと、お腹が空いたのとで賑やかになりました。

お部屋の中は爽やかな香りが漂いこれから始まる梅雨の時期にも最適です。

市販の虫除けスプレーには「ディート」という薬品が含まれています。(ちょっと裏返して使用成分を見てください。)人工的に作られた薬剤です。子どもの使用に際しては使用回数の目安を超えないよう気をつける必要があります。子どもには、安心できるものを使ってあげたいですね。

 
社会福祉法人東京弘済園

弘済園、弘陽園、弘寿園
弘済ケアセンター、
弘済保育所(おひさま保育園)
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀5-2-5
TEL.0422-43-3319(代表)
 
けやき苑
〒181-0016
東京都三鷹市深大寺2-29-13
TEL.0422-34-5440
 
※各施設、見学の際は必ず事前にご予約ください。
 


 
LINE@
 
はじめました!
 

ご利用者様の様子やイベントレポート、季節のお役立ち情報など楽しい情報満載で配信予定です!

 
「@yfg8592v」でID検索!
「東京弘済園」で公式アカウント検索!
 
皆様のご登録をお待ちしております。

当サイトの画像・文章の
転載はご遠慮ください。
無許可の転載・転用等は
法律により罰せられます。
TOPへ戻る