本文へ移動

職員日誌

ブログを見たい施設を下から選んでください(施設毎に記事を更新しています)

法人(法人イベント・他)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

桐朋学園芸術短期大学の皆さんがクリスマスコンサートを開いてくださいました!

2014-12-10

129日に桐朋学園芸術短期大学の学生のみなさんが毎年恒例のクリスマスコンサートを開いて下さいました!

 

サンタの帽子をかぶって、会場はすっかりクリスマス気分です♪

3回の入替制でのべ150名の方が来場され、素敵な音楽を楽しんでいらっしゃいました。

 

懐かしい曲には涙を浮かべたり、楽しい曲ではリズムに乗って笑顔になったり、音楽の力って素晴らしいですね。

 

桐朋学園芸術短期大学の皆さんありがとうございました!!

三鷹市民駅伝に出場します!

2014-11-25

来る1130日(日曜日)に三鷹市では第23回三鷹市民駅伝大会が開催されます!

この大会には毎年当法人からも出場しており今年は3名の職員が参加予定です。

チーム名は「三鷹市地域包括支援センター 男子チーム(2名参加)」

「三鷹市地域包括支援センター 女子チーム(1名参加)」です。

 

地域包括支援センターとは、住み慣れた地域で、その人らしい尊厳ある生活を継続することができるよう、地域の高齢者やその家族のための相談窓口です。

主任介護支援専門員・社会福祉士・保健師(看護師)が中心となって、介護・福祉・医療など、さまざまな面から相談対応や支援をいたします。

現在三鷹市は7カ所のセンターで市全域をカバーしており、そのうち2か所のセンターを当法人が委託運営しております。

今回はその市内のセンターの混合チームでの出場となっています。

 

普段は自転車で地域を滑走している職員ですが、当日は足で滑走していきますので

皆さん顔を見かけたら是非声援をおくってくださいね!

 

開会式は8時から、表彰式は11時、市役所にて行われる予定です。 

東京弘済園まつりを開催いたしました

2014-11-02
 

去る112日(日)毎年恒例の「東京弘済園まつり~地域の力・施設の力~」が開催されました。

当日は前日の雨もあがり、大勢の方にご来場頂きました。

おまつりは、三鷹市長を初め多くのご来賓よりお祝いのご挨拶の後に、明星学園和太鼓部の生徒さんによる元気な演奏で始まりました!

その後は…

・セミナー

「地域での支え合い~地域デビューしませんか?~」

「食べることの大切さ~美味しく食事をするために~」

「これって認知症?~物忘れが気になりませんか?~」

・介護用品福祉用具展示 ・介護食展示・試食 ・介護体験 ・認知症チェック

・消費者被害騙されやすさ心理チェック

・体力測定、健康チェック(骨密度検査・足指チェッカー)

・コンサート「マザーズバンドおれんじ」

・子どもリトミック ・バルーンアート体験 ・革細工体験 ・ゲームコーナー

・販売「巣立ち会 様」「おおぞら会 様」

・各種模擬店

皆さん各々のペースで楽しんでいらっしゃいました♪

「地域の力・施設の力」を感じていただける時となりましたでしょうか?

 
また今年も総勢60名という大勢のボランティアの皆様に支えられました。
改めて御礼申し上げます。
 

園内敬老作品展

2014-10-03

毎年恒例の園内敬老作品展を行っています。

皆さんの力作がずらりと並ぶと圧巻ですね。

グループで作られる方や個人で作られる方がいらっしゃいますが、この作品展を目標に作品を作られている方もいらっしゃり、作品を拝見すると丹精込めて作られたご様子を想像することができます。

 

出品されなかった方も、ご覧になることでとても楽しそうですし刺激も受けられているようです。「来年は参加しようかしら?」と思って頂けると嬉しいですね。

 

園にいらした際は、本館正面玄関に展示されている作品を是非ご覧になって行かれてください。10月8日(水)まで展示されています。

 

秋の園庭の様子

2014-09-27

秋の園庭の様子を歌と共にご紹介しましょう。

 

「天高く馬肥ゆる秋」

すっかり秋になり、晴天の日は本当に気持ちがよいですね。

そして食も進む、おいしい季節です。

保育園では毎年園庭で食育として米づくりをしています。

手作りのかかしと色づいて頭を垂れる稲穂をみると季節を感じますね。

歌で言うと「や~まだのな~かの一本足のかかし♪」でしょうか。(写真左)

 

また、すすきも秋の風物詩ですね。

この時期お月見会などに使うために各部署がもらいにきます。

「おれは河原の枯~れすすき♪」(写真中央)

 

コスモスも咲いています。

「薄紅のコスモスの秋の日の~♪」(写真右)

 

皆さんもご来園の際は園庭を歩きながら歌を歌ってみてください♪

特別養護老人ホーム 弘済園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

節分 ~笑う門には福来る~

2020-02-20
新しい年になり、「お正月ですね」と利用者さんと話をしていたと思ったら、もう2月・・・。
暦のうえでは「立春」を過ぎましたが、変わらずの厳しい寒さが続いております。
そんな寒さに負けないよう、弘済園では今年も節分の豆まきを行いました!
子年生まれの利用者さんには裃を着て頂き、みんなと一緒に職員が扮装した鬼に向かって豆を投げていただきました。
「鬼は外!福は内!」と掛け声に合わせて力いっぱい豆をまく利用者さんの姿は、鬼も災厄もみんな慌てて逃げ出してしまいそうなくらいにパワフルで、笑顔いっぱいの時間となりました! 「笑う門には福来る」ですね♪
今年はインフルエンザだけでなく、コロナウィルスが世間を騒がせておりますが、豆まき効果で鬼と一緒にウィルスも追い払って、皆様に健康に過ごしていけるよう、職員一同尽力して行きます。

新年会~福笑い~

2020-01-21
 
早いもので、新しい年の幕開けから、気が付けば1月も末になってしまいました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します。
さて、1月の弘済園ではお正月らしく、おせちを食べたり、書き初めをしたり、カルタをしたりと、利用者の皆さんは、この季節ならではの行事を大いに楽しまれています。
今回はその中から1月19日に行なわれた新年会で皆さんが楽しまれた「福笑い」を紹介します。本来「福笑い」というのは、一人が目隠しをしてオカメやヒョットコの顔を作るべく、目や眉などのパーツをココだと思うところに置いていくのですが、今回は出来るだけ皆さんで楽しんで頂けるよう、目隠しはせず、皆さんに目や眉などのパーツを持って頂き、顔の輪郭の的をめがけて投げて頂くという一風変わった「福笑い」を実施しています。投げたパーツがあらぬ所に落ちては笑い、皆さんで作り上げた変顔を観て笑うという、笑顔の絶えないイベントとなりました。
まだまだ寒い日が続き、インフルエンザの流行の話等も聞かれていますが、その様なものにも負けずに、今年一年こうして楽しく笑って過ごしていきたいと思います。

季節感

2019-12-20
 
弘済園のお風呂は、一般浴(銭湯のイメージ)と座った状態で入るリフト浴・シャトル浴、横になったまま入るシャワー浴と4種類あるのはご存知ですか?
現在、そのお風呂がクリスマス仕様になっています!
外出の機会が少ない利用者の皆さんに、少しでも季節を感じて頂こうと、日常過ごされるフロア内は、その季節に合った装飾をしていますが、お風呂場に装飾をするのは今年が初めて!すぐに気づいて、「あら、きれいね~」と仰る方もいれば、こちらのお声かけで気づかれ、「もうそんな季節なのか」と驚かれる方もいて、反応は様々。ですが、良い刺激になっているようです。
我々は、季節を容易に感じることができますが、それを当たり前に思わず、季節のことに留まらず、利用者の皆さんの生活を豊かにしていく為に、何ができるか今後も考えていきたいと思います。

寒さに負けず阿波踊り

2019-11-22
 
11月は、秋から冬へ切り替わる季節ですね。日毎に寒さも身にしみてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
弘済園では厚物の衣服への衣替えを行ったり、厚めの布団への取り替えが終わり、冬に向けての準備が整ってきました。
そんな冬の訪れをひしひしと感じる中、『三鷹シルバー連』の方々をお招きして、阿波踊りの会を行ないました。
「11月なのに阿波踊り!?」と利用者様からは驚きの声も聞かれましたが、踊っているボランティアの方々を見て、自然と体が動き出し、気が付けば皆様、一緒に笑顔で踊っておられました。
阿波踊りといえば夏のイメージがありますが、寒い時期にやってみると、心も体も温まり、とても新鮮で楽しい時間となりました。

毎年恒例の!

2019-10-25
気がつけば夏の暑さも過ぎ去って、秋の気配が日に日に深まってきている今日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか。十五夜にはちょっと遅くなってしまいましたが、弘済園では十三夜(今年は10月11日)を少し過ぎた10月16日にお月見会を開催しました。月が綺麗に見えるようにあえて照明を薄暗くして、秋の名月を楽しんで頂く予定でしたが、残念なことに当日は生憎の曇り空で、全く月が見えないと言う事態に。そこで、窓ガラスに手作りのお月様の絵を貼り、園庭から採ってきたススキを飾ってライトアップ!お月見気分を味わって頂きました。
今年は本物のお月様の見えないお月見会となりなしたが、ボランティアの方が点てて下さったお抹茶と美味しい生菓子(練りきり)を召し上がっていただき、お月見の雰囲気を味わいながら、楽しい時間を過ごして頂く事が出来ました。ご好評頂けたことは嬉しいのですが、来年こそは本物のお月様の下で開催できることを願っています。

養護老人ホーム 弘寿園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お正月といえば着物♬ 初詣に行きました(^O^)

2020-01-26
2020年1月2日に牟礼神明社に初詣に行きました!!
沢山の方で溢れかえっていました。私たちが丁度お参りする時には、さっきまでの人が嘘のようにいなくなりシーンと静まり返った中で各々今年一年の安全祈願をしました。初詣といえば“おみくじ”(*^_^*)
大吉を引かれた方が「あぁ大吉か。」と悲しげな表情に…??何故か伺うと「大吉は一番良いくじだから来年からは落ちていくだけよ~。」と。また、末吉を引かれた方はリベンジおみくじに挑戦するも小吉(^_^;)「何とも言えないね。頑張れってことだ。」と前向きに。
初詣を行かれる方がいる中で、弘寿園に残り“着物”を披露して下さる方もいらっしゃいました。自身で着付けをされ、他の入居者が「凄いわね。綺麗よ。」「どうやって着てるの?」等と盛り上がりました。「毎年着てるからもう慣れたわよ。」と誇らしげな表情に。写真を何枚も撮らせていただきましたが、ポーズをとるのもプロのよう!!
今年も一年皆さまにとって素敵な年になりますように…☆彡

♬遠足に行きました♬

2019-11-25
今年は山本有三記念館、国立天文台の星と森と絵本の家、井口院(いこういん)に行きました。
秋晴れとはいきませんでしたが雨に降られることもなく無事に遠足行くことができました。
山本有三記念館は三鷹市の文化財にも指定された場所で実際に山本有三が住んでいた家がそのまま残っており、外観も内装もとてもお洒落でその話で持ちきりでした。
国立天文台の星と森と絵本の家は、老若男女問わず楽しめる様々な絵本があり皆さん手に取ってみていました。
「私が小さいころにみた絵本と大分違うわね。今の絵本は色使いも絵自体もすごく綺麗で飽きないわね。物語もこっているわ。」と目を輝かやかせて没頭して読まれていました。
井口院では庭園が綺麗に手入れされており、沢山の季節の花が咲いていました。
また井口院の目玉とも言える巨大な仏像の他閻魔の仏像もありました。
敷地内には陶器で造られたもの、石で造られたもの様々な世界の神様も祀られており皆さん興味津々で手を合わせていました。
市内でも行ったことがない場所も沢山あるので、来年も散策をしたいですね(●^o^●)

たこ焼きの会

2019-11-23
11/23 たこ焼きの会を行いました。
15時から食堂で厨房の方がたこ焼きの機械を使って沢山焼いてくださいました!!
準備の段階からとてもいい香りがし、ついつい足が食堂に向かってしまいます。
たこ、ねぎ、紅ショウガ、揚げ玉を刻んで1個1個丁寧にクルクルと・・・
お店のような綺麗な形のたこ焼きが出来ました。
仕上げに、ソースと青のりをふりかければまん丸の美味しそうなたこ焼きの出来上がり(*^_^*)
「久しぶりに食べると美味しいね。」「こんなに丸く焼けるのはプロだね!」「若い頃よくお祭りの出店の食べたな~。」
と皆さん感激し、昔を思い出し懐かしんでいる方も。
あっと言う間に食べ終わってしまい、おかわりをしたいところですが美味しい夕食がまっているのでまた次回のお楽しみにとっておきます♪

☆念願の白ゴーヤ収穫☆

2019-08-31
少しずつ暑さも和らぎ、早朝は涼しい日もでてきました。
園庭で育てているゴーヤは、緑ゴーヤは沢山収穫できましたがなかなか白ゴーヤができず園芸好きの入所者は「今年は不作だな。」とがっかりされていました。
毎日愛情を込めて水やりや雑草抜きをしていると、8月中旬よりあちらこちらに白ゴーヤの小さな実がなりはじめました。
「ここに白い赤ちゃんがいるよ。」と喜ばれ、沢山の入所者がプランターを見に来られ「白いゴーヤなんて始めて見たわ。緑だけじゃないのね!!」とびっくりされ収穫が待ち遠しく感じました。
白ゴーヤは緑ゴーヤより成長が早く、また実も真っ直ぐと大きく太く立派なものが収穫できました。
「これを待っていたんだよ。」と皆さま喜ばれていました。
今では緑ゴーヤより白ゴーヤの方が実の数が多い程です(●^o^●)。
沢山収穫できた際には皆さんで美味しく召し上がりましょう!

ゴーヤ成長日記 その②

2019-06-13
皆さまこんにちは(●^o^●)
ゴーヤの苗を植えて早1ヵ月。毎日愛情たっぷりの水をあげ順調に育っています!今年も立派なグリーンカーテンになると良いなと思います。 
 今年は緑のゴーヤに加え、珍しい白いゴーヤも植えたので成長が楽しみです。
 緑のゴーヤは、既に小さなかわいいミニゴーヤをいくつも実らせています。
 しかし、白いゴーヤは、まだ実がなりません (;_:)
   毎日「白はまだか?」と苗と睨めっこをしています。
 今年も沢山収穫して美味しく皆さんでいただきましょう\(^o^)/。

ケアハウス 弘陽園(介護型)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和2年 弘陽園 新年会

2020-02-01
毎年恒例の行事 新年会を1月12日(日)に開催いたしました。
今年は新年会の昼食に海鮮ちらし寿司を用意しました。
初めはいつもより食事の量が多いかと心配していましたが、召し上がった利用者のほぼ全員の方が完食して下さり、とても良かったです。
また、余興には昨年好評であった「牟礼はやし保存会」「和太鼓タヲ」の皆様を今年もお呼びし、新年に相応しい獅子舞いと踊り、迫力のある太鼓の演奏を披露していただきました。また余興最後には、利用者・ご家族・職員共に太鼓を実際に叩き、会場の雰囲気も一気に盛り上がり皆様笑顔で新年会を締めくくることができました。
途中ひいていただいた職員お手製のおみくじも喜ばれ、今年の新年会も無事に終えることができました。余興やボランティアでご協力くださった皆さまありがとうございました。

忘年会を開催しました!

2020-01-31
昨年の12月に和ユニットで忘年会を開催しました!
「牛肉が食べたい」という声にお応えし、メニューは『すき焼き』にしました。
皆さんには職員と一緒に野菜やお肉を切っていただき、幸せムードの中ワイワイと楽しく作業をしました。
会食中は賑やかになるだろうと思っていましたが…皆さん黙々と召し上がり、あっという間に完食され、「美味しかった!」や「次の活動は何作るの?」と期待を膨らませていました!
今年も皆さんが楽しめる活動を職員一同考えていきたいと思います

秋の外出活動で多摩六都科学館に行ってきました。

2019-11-14
秋と言えば、「読書の秋」「スポーツの秋」等々、様々な活動に適していると言われますが、萌ユニットでは「学問の秋」ということで多摩六都科学館へ外出活動に行ってきました。
とはいえ、「食欲の秋」とも言いますしお腹も減ってしまっては頭の回転も鈍ってしまうということで、まずは食事を楽しみました。豊富なメニューを前に目移りしながら「うな重」「茶碗蒸し」「蕎麦」「コーラ」…と入居者の方はお好きな物を注文され舌鼓を打たれていました。
その後、お待ちかねの多摩六都科学館へ。こちらの施設は、世界一に認定されたプラネタリウムと観察・実験・工作が楽しめる体験型ミュージアムです。この日参加された方は、日頃から自室の窓から見える月をカメラで撮影している方や、天体に興味があり沢山の専門書をお持ちの方だったので、大迫力のプラネタリウムに見入っていました。(残念ながらプラネタリウムの様子は撮影できなかったので写真は載せられませんでした)
プラネタリウムの後も物理や科学をテーマにした展示をご覧になり、午前中から夕方までの外出活動を大いに楽しまれ、利用者の方にとって素敵な「実りの秋」となりました。

宝塚歌劇団「ベルサイユのばら」鑑賞会

2019-08-17
結ユニットでは7月24日に宝塚歌劇団の有名な演目、「ベルサイユのばら(DVD)」の鑑賞会を行いました。
弘陽園にはプロジェクターがあるので、ユニットの壁をスクリーンにして投影し、音響はスピーカーで流す事により、映画館さながらの大画面・大音量を感じていただけます。
放映が始まると、皆さん画面を食い入るように見つめ、集中して鑑賞していらっしゃいます。特に歌と踊りのシーンでは、首でリズムをとって楽しんでいる方もいました。
過去に宝塚歌劇団を熱心に応援していらっしゃった利用者様は、最後の「グランドフィナーレ」も含めて2時間以上も鑑賞。その他の皆様の中にも、宝塚歌劇団の鑑賞経験があったようで、昔を懐かしまれている方もいました。
照明が暗かったり、大画面・大音量であったり、普段と違う雰囲気の中で、特別な観劇の時間を感じていただけたように思います。

餃子の会♪

2019-07-17
「焼きたての餃子が食べたい」という声にお応えし、餃子の会を開催しました!!
どんな餃子を作ろうかと考えましたが、気負わず皆さんが楽しめる企画にしようと、餃子の具は作らず今回は冷凍餃子を購入し、焼くことを楽しんでいただきました。(冷凍餃子のブランドにはこだわりました!)
ただ…作る工程がないのは味気ないという事になり、食後のデザートに用意していたキウイフルーツのカットをしていただきました。
餃子については皆さんから「冷凍なのに美味しいね!」や「あつあつの餃子は美味しいね!」といった声があがり、皆さん美味しく召し上がれたようです。
次回は何を食べましょうかね♪

弘済ケアセンター

RSS(別ウィンドウで開きます) 

脳の健康弘済園教室開始!

2018-06-25
脳も身体も、そして心も活性化
全身体操で身体活性化!学習とコミュニケーションで脳を活性化!
三鷹市の委託を受けて実施している介護予防の為の事業『脳の健康弘済園教室』がスタートしました。くもん学習療法センターの協力を得て、今年で11年目に突入しました。認知症予防の教室として開催していますが、体操も同時に行っていますので、終了時には脳も身体も、そして何より心も活性化して修了式を迎えます。
*H30年度は6月~9月末の開催です。

三鷹市高齢者センターけやき苑

RSS(別ウィンドウで開きます) 

府中の伊勢丹に行ってきました!

2017-03-21

2/27(月)~3/10(金)の期間で府中の伊勢丹に行きました。まず、昼食は9階のバンケットルームで、種類豊富なメニューを見て、天ぷらにしようか、いやお寿司にしようか、デザートをつけようか、と皆さん。

たまにはこういうのもいいわね~と賑やかに食事の時間を楽しみました。食後、今回は買い物組とドライブ組に分かれました。買い物組は、それぞれに買いたいものを目指して各階へ。ご家族へのお土産を嬉しそうに選ぶ方、ご自分の食べたいものを選ぶ方、丁度京都展も行なわれていた日もあり、八つ橋をお土産にされた方もいました。ドライブ組は、春の訪れを感じる景色を楽しんできました。当日ご協力いただいたボランティアの皆さん、ご家族の皆さん、ありがとうございました! 

浦島太郎がやってきた!

2017-01-21
月イベントでは、『NPO kokoの会』さんによるミュージカル“浦島太郎”を  観賞しました。劇中には「東京音頭」や「荒城の月」など、利用者さんになじみのある歌が登場したり、フラダンスを披露する場面があったりと、とても愉快な浦島太郎を観賞することができました。
けやき苑ではミュージカルを観る機会がなかなか無かったため、利用者さんの反応はどうなのかな?と思っていましたが、皆さん思い思いに楽しまれており、最後は拍手喝采の嵐でした!!

☆新年会&交流会を実施しました☆

2017-01-30
13日と4日にけやき苑の新年会を、5日には野崎保育園との交流会を行いました!今年の干支の酉や、奇抜な格好に扮した司会者、獅子舞や羽根つきなどを見て皆様大いに盛り上がりました。
獅子舞を見ても怯えて泣き出したりする園児は殆どおらず、むしろ自分も噛んでほしいと積極的に頭を出す子が沢山来てくれました。ご利用者方も苑内の正月飾りやおみくじなど、お正月の雰囲気を楽しまれたようでした!

全員集合!忘年会!

2016-12-22

年末恒例、けやき苑忘年会行事を12/19(月)~22(木)までの期間で実施しました!

 この日のために、数週間前から各活動グループや個人での練習を重ね、ドキドキしながら当日を迎えました。発表するまでは緊張で表情が硬かった方も、本番では本領発揮!!客席からも拍手が沸き起こり、一体感も生まれました。発表を終えた方々の安心したような笑顔を見て、私たちもホッとひと安心。お楽しみの職員企画では、2分間でどれだけ早く着替えられるか対決してみたり・・・。

おおいに盛り上がった忘年会でした~!

 

※ちなみに、今回の忘年会タイトルは、利用者の皆さんに決めていただきました★ 

☆地域サービスデー 開催しました!☆

2016-10-18

109日、地域サービスデー当日は、朝からはげしく雨が降り、あいにくのスタートとなりました。

昼に雨が止んでからは、たくさんの方々が来苑くださり、にぎやかな雰囲気で終える事ができました。当日お越しいただいた人数は、約190名、ボランティアの方は18名でした。

 ランチサービスや作品販売、けやき苑の利用者ボランティアによる手作り体験もおかげさまで好評でした。

 

 皆さまの「力」で、今年も地域サービスデーを大成功させる事が出来ました。職員一同お礼申し上げます。

弘済保育所おひさま保育園

RSS(別ウィンドウで開きます) 

稲刈り・収穫祭

2019-12-12
10月中旬に稲刈りをしました。年中クラスのかわ組さんはハサミで、年長クラスのうみ組さんはカマで稲を刈りました。
とても真剣に稲を刈っていて「もういっかい やりたい」と言う声が多く聞かれました。自分たちが春から育ててきたお米を収穫するのはとても嬉しかったようです。
実りの秋、子どもたちのたくさんの笑顔も収穫できました‼
11月中旬には収穫祭を行い、年長児が育ててきたお米でおにぎりを作り、みんなで芋汁を作って食べたりしました。芋汁の具は1、2、3歳児がキャベツやきのこをちぎり、4、5歳児がピーラーや包丁で野菜を切ったり型抜きをして、みんなで楽しくクッキングをしました。自分たちが調理したものということもあり、みんな「おいしい」とよく食べていました。普段、野菜を食べない子がぺろっと食べている姿を見て、保育士たちが驚きと喜びでいっぱいでした。子どもも保育士も笑顔、おなかいっぱいの楽しい日となりました。

夕顔が実りました‼

2019-08-09
梅雨があけ、ギラギラと突き刺すような日差しが夏本番を感じさせる陽気になりました。
きゅうり、ミニトマト、ナスといった夏野菜が実り、子どもたちは収穫し夏ならではの旬の味を楽しんでいます‼
また、大小のひまわりも元気よく咲き始め、子どもたちの保育園生活を応援してくれているようです‼
5月に種をまいた夕顔のツルがグングンと伸び、大きな葉っぱを広げています‼
夕顔の実がなるのを首を長くして待っていたところ、先日、実がなっていました‼
9月頃に収穫し、高齢者施設のおじいちゃん、おばあちゃんに届ける予定です。
また、夕顔でかんぴょう作りなどの楽しい活動を考えていますので、これからの夕顔の生長が楽しみです‼

お店やさんごっこ

2019-07-03
6月19日にお店やさんごっこを行いました。今年は「スイーツショップ」のお店が開店しました。
3歳児はカップアイスとラムネ、4歳児は、コーンアイスとカップケーキ、5歳児はジュースとワッフルを製作して、売りました。お客さんが買い物にくると大きな声で「いらっしゃいませ!」と言ったり、嬉しそうに品物を差し出したりしていました。フードコーナーでは、買った品物を並べ、食べる真似を楽しんでいました。なかには何回も食べに来るお友だちもいました。それくらいおいしそうだったようです。
お店やさんごっこを通して、品物を作る楽しさやお友だちと協力してやり遂げる達成感を充分に充分に感じられる行事となりました。
 

田植え

2019-07-03
6月13日に田植えをしました!
天候もちょうどよく田植え日和となり、子どもたちは、集中して稲を植えていました。
代かきで、泥の楽しさを十分に味わった子どもたちですが、本日はお米を植えるということで、真剣な表情で稲を握りしめ、一つ一つ大切そうに植えている姿が印象的でした。泥の感触が苦手な子も田んぼの端っこに植えるなどして、皆が参加出来て良かったです!
これから、田んぼの水替えなどのお世話をしてお米を育てていきます!
秋に行う収穫祭では、収穫したお米でおにぎりを作って皆で味わおうと思います!
稲刈り、脱穀、もみすり、精米とおにぎりになるまでには様々な工程が必要となりますが、今後もブログでお伝えしていきますので楽しみにしていてください!

代(しろ)かき

2019-05-22
先月は、田んぼの土台づくりとして、代(しろ)かき(どろんこあそび)を行いました。
田んぼの栄養となる鹿沼土(かぬまつち)、赤土黒土荒木田土(あらきだつち)の4種類の土を混ぜて土台をつくります。
「気持ちいいー」「つめたーい」「泥パックだ」など言いながら泥の感触を楽しんでいました。今回はパイプや砂場の玩具を使うと、パイプをつなげて水や泥を流したり、カップに泥を入れて「コーヒーです」とままごとをしたりして、あそびが発展していました。泥が苦手なお友だちもいますが、玩具があることで泥にふれてあそぶ姿も見られました。
子どもも保育者も全身泥だらけになって、開放感いっぱいにあそびました。
感覚遊びの体験をとおして、好奇心や探求心が盛んになってくれると良いです。

弘済保育所おひさま保育園 (子育て支援 たんぽぽひろば)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子育て講座  「リトミック」

2017-04-27

4月26日 今年度初めての「リトミック講座」を開催いたしました。

講師は三好かな子さん。いつも人気の講座です。

 

今回は1歳10ヶ月~未就園児対象のリトミックでした。

14組の親子の参加で、楽しい一時を過ごしました。

普段は触れることのないタンバリンや鈴、を持って、音楽にあわせて、歩いたり、音楽が止まったらストップしたりと自分で良く聞いて動く姿は驚くほどの成長を感じました。

動の後は静の時間、色画用紙でこいのぼりの製作や、はらぺこあおむしのお話しを聞きました。子どもたちは本を読んでもらうのが大好き。ママから離れて集中。ここでも成長を感じました。あっという間の一時間でした。

7月のリトミックは月齢が小さいお友だち向けを予定しています。

たくさんのご参加をお待ちしています。

親子「リトミック講座」

2017-02-15

214()に三好かな子さんをお迎えしてリトミック講座を開催いたしました。

今回のリトミックは、月齢の大きい18ヶ月~未就園児までのお友だちを対象に行ないました。

タンバリンや鈴、カスタネットの使い方を教えてもらい、それぞれ自分の好きな楽器を持って♪あるこ~あるこ~とリズムに合わせて歩いたり、歩いている途中での動きの変化を楽しみました。

また、ひな祭りも近いこともあり、青と赤も折り紙でお雛様をつくりました。クレヨンで描いた顔はとっても可愛らしかったです。

子どもたちは、体を動かすことも好きですが、絵本を読んでもらうのも大好き。にぎやかだったホールもしーんと静まりお母さんから離れて絵本に集中していました。

 

おかあさんとの楽しいひと時をすごしたリトミック講座でした。
 

子育て講座 「パパとあそぼう 親子de運動あそび」

2017-01-23

121日(土)に子育て講座「親子de運動あそび」を開催しました。

講師は当園、運動あそび講師の大村真紀さんです。

 

14組の親子の参加で、「よろしくお願いします」のご挨拶からはじまりました。

跳び箱では、自分でよじ登り高いところからジャンプ。最初はこわごわだった子どもたちも自分で出来たことの喜びで、何度も何度も繰り返し楽しんでいました。運動あそびの専門講師に教えてもらい、怪我もなく楽しい時間をすごしました。

最後は「ありがとうございました。」のご挨拶も上手にできました。

これを機会にパパと過ごす時間が増えるといいですね。

パパと一緒でとっても嬉しそうな子もいれば、ちょっぴり不安そうな顔の子も・・。足を大きく開いたり、足の指でこんにちは・前屈 ・の準備運動からはじまり、マットを使って、サーフィン、雑巾がけでたっぷり汗をかきました。パパも普段はしな体勢で少しお疲れの様子。平均台では落ちないようにゆっくり、ゆっくり歩いたりブロックを置いて山越えしたりと盛りだくさん。

子育て講座 「連続2回講座ピラティス」

2016-11-16

たんぽぽひろばでは、112日・16日(水)に2回連続のピラティス講座を開催しました。

マットピラティスインストラクターの石山綾子さんを講師にお迎えしました。

「ピラティスってやったことがないけど大丈夫かな?」「どんなことするの?」「ヨガと同じ?」と1回目は、ちょっと心配顔のお母さん。

はじめはストレッチで体をほぐすことからはじめました。ピラティスには姿勢が良くなったり、肩こり解消、便秘解消があると言われています。縊れたウエストも夢ではないですよ。

家庭で普段やっている腹筋は表面だけの動きですが、ピラティスはインナーマッスルを使うので、見た目の動きは激しくないのに結構きついです!!でも効果は大です。

みなさん頑張ってくれました。少しづつ続けられるといいですね。

ご参加ありがとうございました。

 親子「リトミック講座」 

2016-11-01

11月18日に三好かな子さんをお迎えしてリトミック講座を開催いたしました。

今回のリトミックは、月齢の大きい18ヶ月~未就園児までのお友だちを対象に行ないました。

タンバリンや鈴を持ち♪あるこ~あるこ~とリズムに合わせて歩いたり、歩いている途中での動きの変化を楽しみました。

 

ホールに大きな池が現れて、みんなでさかな釣りに夢中。大漁のお友だちもいて大賑わい。「さかながはねて・・・・」の手遊びしたり、動いたあとは絵本を読んでもらいました。子どもたちは、体を動かすこともすきですが、絵本を読んでもらうのも大好き。にぎやかだったホールもしーんと静まり絵本に集中していました。

 

おかあさんとの楽しいひと時をすごしたリトミック講座でした。 
 
社会福祉法人東京弘済園

弘済園、弘陽園、弘寿園
弘済ケアセンター、
弘済保育所(おひさま保育園)
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀5-2-5
TEL.0422-43-3319(代表)
 
けやき苑
〒181-0016
東京都三鷹市深大寺2-29-13
TEL.0422-34-5440
 
※各施設、見学の際は必ず事前にご予約ください。
 


 
LINE@
 
はじめました!
 

ご利用者様の様子やイベントレポート、季節のお役立ち情報など楽しい情報満載で配信予定です!

 
「@yfg8592v」でID検索!
「東京弘済園」で公式アカウント検索!
 
皆様のご登録をお待ちしております。

当サイトの画像・文章の
転載はご遠慮ください。
無許可の転載・転用等は
法律により罰せられます。
TOPへ戻る